声を良く出すために、喉が凝った時に誰でもできる3つのマッサージ

肩こりのように、喉も凝るということをご存知でしょうか?

「あー今日は喉が凝ってるなぁ」

なんて聞いたことがないですよね。

ですが、喉も筋肉です。

喉が凝ってしまうと運動が低下し、声が良く出ることに支障が出てきます。

喉の筋肉は随意筋ですが感覚がないので、凝っていても痛みがないんですね。

生活には支障がなくても、歌には喉の凝りは大影響です!

そこで、喉の凝った時に誰でもできるマッサージを3つご紹介します。

スポンサーリンク




声が出るためのマッサージをする前に、してはいけないこと!

マッサージ方法を書いていく前に、注意事項を書きます。

これは絶対に守ってください!

守らなくて喉が変になってしまっても自己責任でお願い致します。

・絶対に強くやりすぎない
・甲状軟骨周辺(のどぼとけ近辺全般)は触らない

この2点を絶対に守ってください。

この赤く塗った部分は基本的に自分で触ってはいけません。

喉の筋肉は小さいので、簡単に傷つきやすいです。

これから紹介するマッサージは、あくまで間接的な方法です。

素人の私たちでも、簡単にやることができます。

基本的に喉自体は触ってはいけません。

たまにボイトレ講師で声を良く出すために自分でマッサージをさせたり、
講師自身が生徒の喉を触ってくる人がいますが、大変危険な行為だと思います。

喉の知識を知って、正しく大事に使ってあげましょう。

声が良く出るマッサージ方法1・あごの下をほぐしてあげる

喉の凝りを取るために素人ができることは、あごの下の筋肉をほぐしてあげることです。

赤く塗った部分なら、優しくさすってマッサージしてあげてオッケーです。

歌いすぎたり疲れてていると、ここは固くなりやすいです。

喉そのものは触ってはいけませんが、このように喉の周りをほぐして血流をよくしてあげるのは重要です。

スポンサーリンク




声が良く出るマッサージ方法2・耳下から伸びる茎突咽頭筋をほぐしてあげる

咽頭は二本の茎突咽頭筋と、二本の茎突舌骨筋によって支えられています。

細かい話はおいおいしていきますが、この茎突咽頭筋の始点部分なら、素人が触っても問題ないと思います。

こちらの赤く塗った部分です。

絶対に強く押したり揺らしてはダメです!

上から下に、ソフトタッチでリンパマッサージのようにつまりや血流を流してあげるイメージで・・・

私の場合はパソコンをやりすぎたり、体全体が凝ってくると、ここも凝っていたりします。

喉を支えてくれる大事な筋肉なので、いたわってあげましょう。

一日の寝る前にマッサージしてあげるだけで、翌日の喉の凝りが大分減りますよ!

声が良く出るマッサージ方法3・肩をマッサージする

私もひどい肩こり持ちではありますが、やっぱり肩こりはないほうが良いです。

喉の筋肉で肩の方までつながっている物もあります。

肩の血流をよくすることで、直接触ってはいけない喉の筋肉にアプローチすることができます。

肩を温めてあげたりするのも効果的です。

声が良く出るため喉の凝り解消マッサージまとめ

喉のことを勉強し始めてもうすぐ丸三年でしょうか・・・

最初は正直、「こんなことが声を良く出すことに関係あるの?」とも思っていました。

ですが、毎日内側の感覚に耳をすませていくと(怪しいですね笑)、本当にわかるようになっていきます。

わかるようになるためには、

毎日自分の状態を感じてあげること
どう状態が変化したのかを自分で分かるようになること

が大事だと思います。

まだまだ修行中ですし、間違っていることもあるかもしれません。

ですが、やっぱり歌ってスポーツだなって思います。

自分の身体を自分で把握して、ちゃんとコントロールできるようになっていくこと

これにつきます。

自分の思うように声が出るようになっていったら、やっぱり歌って気持ちが良いですよね!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です