声枯れから喉を守るために、ホテルに泊まる時の3つの対策

今ちょうどホテルにいるので、ホテルについての注意点を書きます。

ホテルに泊まって

声を枯らしてしまった!

と焦る方が、プロ・アマ問わずに多くいらっしゃいます。

自分の家でない環境での体調管理は難しいですよね。

私も一回経験があります。

大丈夫だろうと油断していると、翌日の朝に声が出ないということがありますよね。

そこで、今日はホテルで声枯れをしないための予防策を書いていきます!

スポンサーリンク




ホテルで声枯れをしないためにやること1. 部屋を保湿するために加湿器を借りる

喉が翌日に枯れてしまう原因の第一位は、ずばり、乾燥です。

ホテルは家よりも乾燥しているところが多いです。

喉は乾燥に弱く、慣れない乾燥に寝ている間さらされると危険です。

いや、べつに声が枯れるくらい命に別状はありませんけど・・・

でも、やっぱり、翌日声が枯れてるって絶望的な気分を味わますよね。

そこで乾燥対策をするために、加湿器をフロントで借りましょう。

海外のホテルだとなかなか難しいかもしれません。

ですが、日本のホテルなら借りられる可能性が高いと思います。

部屋にもともと置いてあるようなホテルもありますよね。

普段、「家で加湿器なんてつかわない」という人でも、ホテルでは使った方が良いです。

ホテルで声枯れをしないためにやること2. 浴槽等に水を張り、濡れタオルを掛ける

ホテルで加湿器を借りられない、または頼みたくないという場合・・・

浴槽や洗面台に水を貯めて乾燥対策をしましょう。

さらに、濡れたタオルをハンガーにつるして室内にも置いてあげましょう。

このひと手間をしてあげるだけで、喉を乾燥から守ることができます。

歌手の友人とホテルに同室で泊まった時、床に水を撒いていました。

そこまではやりすぎかもしれませんが・・・ホテルに迷惑ですしね。

ですが、それくらいホテルの乾燥による喉への影響は大きいのです。

ホテルで声枯れをしないためにやること3.ほこりから喉を守るためにマスクをする

安いホテルやB&B、特に海外では、ほこりっぽい部屋な可能性があります。

このほこりによって

・声が枯れてしまった

・ひどいアレルギーが出てしまった

ということも聞きます。

やはり、寝る時には慣れない環境ではマスクで喉を守ってあげるのが良いでしょう。

マスクは海外では手に入りにくいので日本から持って行った方が良いです。

日本人のように予防でもマスクをするという文化がありません。

マスクをするときは、

・オペをするとき

・重病の時

だそうです。

歌手にとっては「喉を守るマストアイテムなのに!」って感じですよね。

ほこりっぽい可能性のある飛行機とかでもマスクはオススメです。

備えあれば患いなし、ほこり対策もお出かけの際には忘れずにしておきましょう。

スポンサーリンク




ホテルで声枯れをしないためにやること・まとめ

ホテル等で喉を枯らしてしまう人はとても多いです。

自分のなれない環境に泊まる時は、「大丈夫だろう」と油断しないことです。

翌日の朝に声が枯れてしまう原因は、乾燥とほこりです。

乾燥は加湿器を借りて、普段使っていない人でも使うようにしましょう。

浴室や洗面台に水を張り、濡れたタオルをつるして保湿しましょう。

ほこり対策のためにマスクを持って行った方が良いです。

声って一度枯れてしまうとなかなか元に戻らないですよね・・・

声枯れのための漢方薬や薬、注射もありますが。

やっぱり完全に声枯れから治るには、自然治癒させるしかないです。

大事な喉を守るために、工夫しながら対策していきましょう!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です