歌の本番前日に食べたらいい1つのものは?

歌手の間では、

本番前日に食べたら良い

と言われているものがあります。

今日はそれを皆さんにシェアします!

スポンサーリンク




歌の本番前日に食べたらいいもの・肉!

これは多くの歌手が言っていますね。

それこそ、日本だけでなくてイタリアの人も・・・(笑)

肉を摂取することは、動物性たんぱく質を摂取できます。

前日の練習の筋疲労の回復や、翌日のスタミナを生み出してくれます。

本番前日は肉を食べるようにしましょう。

特に馬肉が良いそうです。

中にはファミリーマートのファミチキを二つという人も・・・

あとは、肉をレモングラスと焼くと良いという人がいました。

みんな肉のチョイスは人それぞれですね!

歌はとても精神的な部分が大きいので、

これを食べれば明日の歌はバッチリ

と思えることでも大事です。

ただし、翌日お腹を壊したりしないように気を付けましょう!

本番前日でなくても個人的にオススメな食べ物

私がイタリアで感じたことは、体の筋肉の筋力不足です。

毎日歌のレッスンに行ってはへとへとになっていました。

いち早く筋肉をつけるために、何を食べたらいいのか・・・

その答えはツナ缶です。

ツナ缶は油がないものを選ぶか、油を切ってから食べましょう。

ツナ缶は動物性たんぱく質が豊富です。

筋肉をつける元がたくさんつまっています。

ボディービルダーの人のお弁当等もツナ缶だそうです。

私も一ヶ月ほどツナ缶を続けました。

・・・えぇ、飽きました。

ですが、結果としては体を使って歌ってもばてなくなりました。

歌手も体を使う以上、アスリートであると言えます。

なので、アスリートの人達がしていることを真似するのも参考になります。

体つくりの基本は食べ物なので、こだわっただけ筋肉はつきます。

ツナ缶のデメリットは、やはりちょっと水銀が心配ですよね。

マグロは食物連鎖の一番上ですからね。

極端に一日二食ツナ缶にするのはやめましょう。

あとはツナ缶ではなくてサバ缶もおススメです。

歌の本番前日に食べたらいいもの・まとめ

歌の本番前日は、肉が良いと言われています。

動物性たんぱく質によって、

筋肉の疲労回復やスタミナ

をサポートしてくれると考えられているからです。

歌は息で歌います。

息についてはこちらの記事で書いています。

ロングトーンが楽にできるようになるための3つの練習方法

息は筋肉のによって支えられ、コントロールされます。

体を作るには筋肉を作る元である動物性たんぱく質が大事です。

ツナ缶毎日といのは私の極端かもしれませんが(笑)

プロのアスリートの方々の食生活を真似してみるのもオススメです。

歌もスポーツ、プロを目指している人はアスリートなのです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です