巻き舌を練習してみよう!巻き舌ができるようになる2つの言葉

みなさんは巻き舌はできますか?

巻き舌とは、舌を震わせて音を出すことです。

江戸っ子とか、のイメージがあると思います。

イタリア語はrの発音で巻き舌をします。

この巻き舌は、舌が脱力していないとできません。

そして、息を送り続けないと音がなり続けません!

なので、巻き舌で練習することは、

・舌の余分な力を抜ける

・息を流し続けて歌う

という二つの感覚を見つけるのにうってつけなのです!

ですが、「巻き舌ができない」という人も多いと思います。

そこで、今日は巻き舌を練習するための2つの言葉を紹介します。

スポンサーリンク




巻き舌ができるようになるための練習に使える言葉1・きんちょーる

私も巻き舌が全然できませんでした。

なので、一日中「きんちょーる」と言い続けていました。

きんちょー「る」の時に巻き舌をするようにしてみましょう。

巻き舌のメカニズムは、

息を送ることによって振動によって音を出すこと

です。

つまり、実は私たちのしゃべり声や歌声、声帯から出る音と同じなんですね。

巻き舌ができなくても、唇を振動させて音を出すことができる人は多いと思います。

これと同じことを舌でもしてあげるのです。

舌の位置は上前歯のすぐ後ろです。

そして息を送ってあげることで舌は振動し、巻き舌の音になります!

ですが、舌に力みがかかっていると、息によって振動してくれません。

そこで、「きんちょーる」と言えば、

Kincho-ru の

cho – ru の時に、

o母音で舌の脱力状態を作り、rで巻き舌を発生しやすいです。

スポンサーリンク




巻き舌ができるようになるための練習に使える言葉2・さっぽろラーメン

2つ目の巻き舌に使える言葉は、「さっぽろラーメン」です。

こちらも「きんちょうる」とメカニズムは同じです。

さっぽ「ろ」ラーメン の「ろ」で巻き舌に挑戦してみましょう。

少しで着てきたら、さっぽ「ろ」「ラ」ラーメン、と続けてできます。

Sappo – ro – ra – menは、

Sappoのo母音で脱力し、その後のroで巻き舌を発生させやすいです。

また、roもoの母音があるので、次のramenのraで、もう一度チャンスがあります。

私は「きんちょうる」も「さっぽろラーメン」も両方練習しました。

「さっぽろラーメン」の方が二回舌の脱力ポイントがあるので、掴みやすかったです。

ちなみにo母音は一般的に一番力みが解放されやすい母音です。

巻き舌ができるようになるための練習に使える言葉・まとめ

巻き舌ができない人ができるようになるための練習方法には、

・きんちょーる

・さっぽろラーメン

と言った単語を巻き舌を意識して口に出してみるのが効果的です。

舌は上あごの歯の裏、力みは抜くようにしましょう。

舌の力みをとれる練習にもなるので、できるようになるのはオススメです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です