本番で歌う時に緊張しないための3つの方法

人前で歌を歌わなければいけない時・・・

オーディションの時・・・

場の空気に飲まれて自分の良さが出せない

ということが良くあると思います。

歌は自分のメンタルが出る物・・・

一体どうすれば緊張をほぐすことができるのでしょうか?

スポンサーリンク




本番で歌う時に緊張しない方法1・憧れや他人に飲まれすぎない

本番に歌う時に力を発揮できない

という人は、場に飲まれてしまっています。

自分の歌を聞いている人や、オーディションの審査員もただの普通の人です。

失敗したらどうしよう、下手だと思ったらどうしよう!

という焦りが、緊張でどんどん体をがちがちにさせてしまいます。

失敗しても良いのです。

相手はただの人です。

しかも、人はその人のことをろくに覚えてないものです。

場のハードルを上げすぎずに、

自分の成功のために邪魔だなぁ

くらいのメンタルで良いのです。

そんなことを考えている人なんて嫌かもしれません。

ですが、緊張してがちがちになってしまって、声がちゃんと出ていない人の歌より

落ち着いて力を出し切っている人の歌の方がはるかに相手に響きます。

そして、メンタルをコントロールして成功体験を積めば、自然と自信につながります。

スポンサーリンク




本番で歌う時に緊張しない方法2・体を動かす

本番前に緊張しすぎてしまうと血流が悪くなり、意識が散漫してしまいます。

本番はリラックスして集中できている状態で歌えるのが理想ですが、

なかなかそんな風にできないですよね。

そんな時は血流を物理的に流してあげるようにしましょう。

身体を動かしたり、指先を動かしてあげるだけでもOKです。

動かすことに集中していれば血もめぐりますし、集中力が戻ってきます。

肩甲骨の下を指先で押してあげるのも良いですよ!

本番で歌う時に緊張しない方法3・深呼吸をする

緊張をすると血流が滞ると同時に、酸素の巡りも悪くなります。

歌う前は深呼吸をしましょう。

無理に緊張を取るためではなく、ただ呼吸を意識します。

鼻から吸って口からゆっくり吐く・・・ただこれだけです。

緊張すると生あくびが出るという人もいますが、

酸素不足を補うための自然な生理現象です。

本番で歌う時に緊張しない方法・まとめ

緊張をしないでコントロールをして歌うには、

まず、本番の空気に飲まれないことが大事です。

場のハードルを上げすぎてしまっています。

緊張しないで歌う、というのは本当に難しいですよね。

この場を自分にとって特別に思いすぎないことが大事です。

そして無理に自分の緊張を取ろうとするのではなく、

深呼吸をしたり、体を動かして血流や酸素の巡りをよくしてあげましょう。

緊張している自分を受け入れ、何か目標を達成させる・・・

そんな成功体験が、自分の自信につながっていきます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です