ヴァッカイで発声練習してみよう!No.3 4度の跳躍音程の練習

ありがたいことに、オススメさせていただいているイタリアの発声教材

「ヴァッカイ」の記事をお読みいただけている人がいるようです・・・!

日本ではあんまりメジャーではないので、とっても嬉しいです(*^^*)

なので、今日はN0.3を更新させていただきます。

ヴァッカイの3曲目は、4度の音程幅の練習です。

スポンサーリンク




ヴァッカイで4度の音程幅を取る練習をしよう

No.1の記事に、楽譜の手に入れ方も乗っていますので参考にしてくださいね。

No.1ではスケールの練習でした。
ヴァッカイで発声練習してみよう!No.1 スケール

No.2では3度の音程幅の練習でした。
ヴァッカイで発声練習してみよう!No.2 3度の練習

今回取り上げられる4度の音程幅とは、

ド  - ファ
レ  - ソ
ミ  - ラ
ファ - シ
ソ  - ド
ラ  - レ
シ  - ミ

となります。

3度くらいの音程幅だとそんなに感じないかもしれませんが、

4度くらいから音が離れていると感じ始めると思います。

ここを曖昧にしないでしっかり支えて歌えるようになると、

音程が良くなりますよ!

4度の音程跳躍を歌えるようになるコツ

今回も一応、イタリア語に挑戦したい方用に、カタカナを振ってみました。

もちろん、歌詞をつけないで母音で練習してOKです。

4度の音程には支えと喉のリラックスが必要ですが、さらに息が重要になってきます。

ピンクのvマークのところで息を取り直すようにしましょう。

この曲のようにずーっと4度の跳躍をさせられ続けると、息がもたなくなっていきます。

しっかり息を取ってあげることが、この4度跳躍を歌いきれるコツです。

また、跳躍音程のある曲になると、音を上下のイメージで取ってしまいますよね。

ですが、音の高低に関係なく、意識はまっすぐに歌うようにしましょう。

音に合わせて

・声の出所

・支え

・息の流れ

・喉へのテンション

がいちいち変わってしまうと、声や音程が定まらなくなってしまいます。

もちろん、高い音と低い音で喉の筋肉の働きは全く同じではないですが、

多くの人は音程に左右されて声の状態を変えすぎです。

難しいんですけどね・・・

必要な筋肉は稼働させて、不必要な筋肉への力は緩ませる、

音が上下してても出所、意識、息の流れはまっすぐ・・・

音が上に行くときは少し軟口蓋を上げるようにするのも大事です。

逆に、下がる時は緊張が緩みがちなので支え直してあげましょう。

いやはや、歌って考えることが多すぎですね!

一つ一つは簡単なのに、いっぺんにやろうとすると本当に難しいです。

でも、歌はバランスが命なので、いっぺんに見つけていかなければいけません。

別にヴァッカイじゃなくてもいいんですが、こういう単純な曲ができるようになれば、

驚くほど自分の歌を助けてくれるようになるのです。

今日もここまでお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です