ボイスアドバイザーの資格を取った、ボイスケアサロンについて

本日で30記事になりました!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

何を書こうかなと考えた時、少し私のことを・・・

今日は、私が通ったボイスケアサロンのことを書いていきます。

スポンサーリンク




ボイスケアサロンで得られることは?

私にとっても、このように毎日歌のテクニックをブログで振り返れることは、

自分の歌への発見や考えをまとめることになるので、楽しんで書いています。

今日の歌のレッスンでも、

喉の筋肉をこう使うことを意識してみよう!

と挑戦してみたら、上手く行きました。

日々バランス探しです。

歌の発声に関しては、誰よりも苦労してきた方だと思うので、

だからこそ、お役に立てればと思っています。

さて、私の喉や声に関する知識は、ここでも何度か取り上げていますが

ボイスケアサロンで学んだことが多いです。

正確には、ボイスアドバイザーになるために参考図書をたくさん買ったり

ボイスケアサロンの會田さんが書いているブログ、喉ニュースを読んで

独学したわけですが・・・

オススメの本に関しては、こちらの記事で紹介しています。

声の仕組みを学ぶのに1番オススメの本

サロンはあくまで喉をマッサージしてくれるところなので、

勉強するとこではないですね。

ボイスケアサロンの下の階にあるコーヒー屋さんが、とてもおいしいです。

スポンサーリンク




ボイスケアサロンの効果は?

喉のマッサージで劇的に歌が上手くなるかどうかは、正直半信半疑です(笑)

ただ、血流を良くし、喉の筋肉の運動効率を良くすることは有意義だと思います。

喉の血流が良くなれば風邪もひきにくくなるし、声帯がむくんで声が枯れたり、

スタミナがついてすぐに声が疲労することもなくなります。

喉の筋肉の運動に関しては、本当に日本にいる時に考えてなさ過ぎました。

喉は感覚が抜け落ちた随意筋ながら半不随意筋ですが、

歌手はこれをコントロールできなければなりません。

この意識を育てるために、人からマッサージを受け、動かしてもらうことは、

とても自分の感覚を育てるのに役立ちました。

喉の筋肉はとても小さく傷つきやすいので、自分で動かすのは危険です。

まぁ、ボイスケアサロンに通うことは、

喉を楽器として考えていくことの意識を高めることに役立ちます。

ただ、高すぎる!

初診が約3万円で、再診が約2万円とか・・・そりゃ、怪しく思われますよ。

外咽頭科学の発展のための研究費になっているようですが。

もしも私に生徒がいて、生徒が自発的にボイスケアサロンに行きたいと言い出したら

もちろん送り出しますが、なかなかこちらからは勧められる金額じゃないですね。

金銭的なストレスを抱えることも歌に悪影響だと思うからです。

継続して通う必要がありますしね。

私的にも、やっぱり経済的にかなり辛いとこもありました。

私のブログでは、

・ボイスアドバイザーの資格を取る上で学んできたこと

・イタリアで学んでいること

・自分がどう欠点を克服してきたか

の三本柱でこれからも執筆しています。

會田先生を尊敬はしていますが、絶対的に勧める立場でもありません。

イタリア留学に関しても同じです。

働きながら留学しているので、勉強に集中していないと思われているでしょうし。

私には働いてでも勉強する価値がありますが、お金のかけ方は人それぞれです。

歌は色んな指導法メソッドや歌い方がありますし、

しかも楽器がみんな違うんですから、たくさんの選択肢が無限にあります。

どんな選択肢をし、どんな場所でも歌を上達したいと頑張っているのは一緒ですね。

これからも楽しんで歌を歌っていきましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です